嗅覚を利用した「ブランディング」とは


香りによるブランディングとは、単に良い香りで

空間を満たすだけではありません。

 

香りを心地よいと私たちの脳が判断したら

顧客や消費者に場所や商品を「心地よい」と

イメージ付けることができます。

このように嗅覚は脳と深く繋がっています。

 

しかも、「本物の香り」でしか人の心は動かないのです。

 

また、

  1. ゲストの滞在時間が長くなる
  2. リピート率の増加
  3. 良い香りに誘われて訪れる

など思いもよらない効果も期待できます。

 

企業様のお客様に伝えたい想いを、

香りを使って表現いたします。

 

基本的に同じ香りはおつくりしていません。

あなたの会社、お店だけのオリジナルの香りです。

五感ブランディング


旧来的な視覚によるブランディングから
味覚、触覚、聴覚、嗅覚をフルに活用した
ブランディングが広まりつつあります。

視覚情報はたしかに、正確で多量の情報を伝え
られますが、それだけでは弱い、残らない、
物足りない。
そこで、視覚情報に他の感覚情報を組み込むこと
で「また行きたい」「また買いたい」
「楽しかった」
このようにブランドの記憶を深く心に刻むきっかけを作るのです。

見えないおもてなしの心を伝える手段として
店内に、ノベリテイーに香りを忍ばせてお使い
いただくこともできます。
また、心にも体にも働く精油の薬理作用を
利用して、働く方のモチベーションアップと
して「香り」のできる事はまだまだたくさん
あります。